障害の有無に関わらない交流の場として、京都府民の皆様に1995年度から親しまれてきた公募展。「絵画」「陶芸」「写真」「書」「俳句」「川柳」「諸工芸」の7部門に出品された府内在住の障害のある方の作品は700点以上。その全てを会場で展示します。例年、多くの方々に来場いただいており、昨年度は、「楽しい作品が多く元気をもらった」、「感動を素直に表現している」、「またいろんな作品を見たい」などの感想をいただいています。今年度は、意表をつく構図、作者の内面が伝わる力作など、それぞれの個性と才能が光る作品をぜひご覧ください。

2021年度陶芸の部 京都市長賞 人見哲也《Diversity(ダイバーシティ)》の作品画像

2021年度陶芸の部 京都市長賞 人見哲也《Diversity(ダイバーシティ)》

京都とっておきの芸術祭 昨年の展示風景

昨年の展示風景