あなたのそばに、大事にしていたけれど壊れたり、割れてしまったものはありませんか。このワークショップでは、ひとりひとりの大切な“壊れもの”を持ち寄り、それにまつわる思い出をみなさんで共有します。そして竹村さんと共に布でくるんで縫い、作品にしてみましょう。壊れたものに触れ、過去の記憶をたどり、ほかの人の思い出にも思いを馳せながら、一緒に過ごしてみませんか。

竹村京《修復された地球儀の貯金箱》2002年-現在 、作家蔵