画像:西澤彰「セスナ172型スカイホーク」
画像提供:もうひとつの美術館

2022年度 共生の芸術祭「わたしはメモリー」

  • つくる・あらわす
  • 展示

きょうと障害者文化芸術推進機構では「障害のある人もない人も共に安心していきいきと暮らしやすい社会づくり」を目指し、共生社会の実現に向け障害者の文化芸術活動を推進することで、府民の障害への理解を深め、障害者の社会参加を支援するとともに、文化芸術活動を推進するための展覧会「共生の芸術祭」を開催します。第9回目を迎える今年度は「わたしはメモリー」と題し、「記憶」をテーマに京都府内外の障害のある方の表現を紹介します。

記憶はいつか消えてなくなるのでしょうか。私たちの中にある記憶は他者から見ることはできませんが、表現によって何らかの形が与えられる時、それは他者にも共有することが可能になります。そのように個別の経験が、ある技術や意志によって外部化され、鑑賞体験を通じて他者の記憶の一部となることで、記憶は多くの人に伝播していきます。それはまるで記憶自身が意思を持ち、私たちを媒介としながら生き続けていくことを望んでいるかのようにも思えます。

本展では、障害のある作家の表現とその背景にある体験や周囲の環境にも着目し、作品が持つ記憶とその保存について迫ります。個々の記憶が表現を通じて集団の記憶に変わっていくこと、それは他者の生きる時間が自らのリアリティとともに新しい時間を歩んでいくことであり、時間や場所を超えて、私たちが他者と共に生きる方法でもあるのではないでしょうか。

12月17日(土)、18日(日)、24日(土)には本展企画者(art space co-jinスタッフ)による作品解説ツアーも行います(14:00〜15:00/予約不要・京都市美術館 別館1階 第1展示室 受付に集合/申込不要、ただし、手話通訳は要事前申込)。

申込フォーム

  • ※作品解説ツアーで手話通訳をご希望の方のみお申込みください。手話通訳を必要とされない方は、申込なしでご参加いただけます。
  • ※申込締切 ①②12月8日(木) ③12月15日(木)
  • ※オンラインで申し込みができない方は、お電話、またはFAXにて対応させていただきますので、事務局までご連絡ください。(TEL:075-255-9757、FAX:075-255-9763)
日程12月15日(木)~25日(日)(12/19月休)10:00〜18:00(最終日は16:00まで)
会場京都市美術館別館 1F 第1展示室
主催 きょうと障害者文化芸術推進機構
詳細 2022年 共生の芸術祭「わたしはメモリー」

会場詳細